LOG IN

21歳年下の友達

ちょこっとシドニーに行ってきました。 遊びではありませんよ。 毎年春に行なっている、小学生の海外研修プログラム(ゴールドコースト)の打ち合わせです。 現地では2泊3日と短い滞在でしたが、最終日にとても素敵な若者との出会いがありました。 シドニーでの生活 彼は親元を離れ遠くシドニーで一人暮らしをしています。 私は42歳、彼は21歳。 ゆっくりお話しす

「兄弟子」

今日の午前中、相談の電話をしたら、スタジオに駆けつけてくれた兄弟子。 話が盛り上がりテスト撮影をしていると、カメラの前に立ってくれた。 兄弟子と言える人はこの秋山誉夫さんくらい。 兄さんは多くを語らず、いつも的確なアドバイスをしてくれる。 超簡単な撮影だけど、兄さんを撮ったのははじめてかもしれない。 今日もまた思い出深い1日となった。

今日の本番のために、昨日撮影したテストの一枚。 ディレクターが来る前に父でライトの確認。 ダウンベスト脱がせて撮ったら「ししゃも」みたいで、ひんそやったから、吉本新喜劇の池乃めだかさんのコントみたいにすぐに着せた。 構図なんかは指示しても動かんやろうし。 「笑って笑ってぇ〜」なんて言う気にもならんし。 猫背がきになるし。 32歳で高松に帰って

生まれた街はいま

2016年印象的な出来事のひとつから。 2016年11月13日(日)兵庫県姫路市で撮影の依頼を受けました。 仕事では初めて行く姫路。 前乗りして祖父母の墓を参り、姫路城と中心街を訪れました。 生まれ故郷とはいえ、父の独立のため2歳の頃には香川へ移住していたので、その当時の姫路の記憶はほとんどありません。 ただ姫路を訪れると、どこかほんの少し懐かしい、なん

eye

「目は口ほどに物を言う」。 職業柄、被写体(対面する方)の「瞳」見ることが多いです。 その方との付き合いが始まり、月日が流れると、はじめに感じた印象と今の差がどうかを思い返します。 決して私は勘(感覚)が鋭いわけではありません。 人が見えないものが見えるとか、敏腕経営者が面接時に見抜いてしまうとか、のレベルではないでしょう。 歳を重ねたせ