LOG IN

方言ていいですよね。

人と話してると。ときどき仕事で県外へ出向く機会をいただく。私はその土地の人と話すのが大好きで、いろんな話を聞きたくなる。ご挨拶をすませてもしばらくは緊張気味に敬語で話し、周辺が標準語に近い言葉遣いやイントネーションの場合が多い。過去のブログ(eye)で目を見るとその人の「人となり」を想像することを書いた。人との距離を測るもう少しゆるい

元気が出るオレンジ色のノート

素敵なノートが届きました。 えっ、山形から!?ということで、 ひょっとして山形牛スライス詰め合わせが届いてたらどうしよう♡ なんて思ってたら、違ってました。 最近では、 「本を書きました!」 「周年です!」 というみなさんから書籍や商品をいただいています。 わからないながらも一生懸命読んだり、楽しく使わせてもらってます。 今回は素敵なB6ノート。

息子のともだちは私のともだち

土曜日の午前中、家でひとり。 外から「なべさか〜!」と聞こえた気がした。 宅急便屋さんだと大胆だし、私のことを呼んでいるとも思えないし。 玄関まで行き扉を開けると、小学生の男の子がひとり。 ピンときた。 (いつも息子が話してくれる、最近仲のよい隣の団地の兄弟か。けど、ひとりやん。) 少し間があいて、ともだちは自己紹介をしてきた。 隣の団地の

「Evolve#02」と「!important #08」に参加しました。

今回のセミナーでは、各パートの講師がこれまでの経験から本質を鋭く解説するとともに、 会場の空気、参加者の反応を読み取りきめの細やかなセッションを繰り広げました。 個人的には登壇者の動きや話し方からも学ぶことが多い時間になりました。 今回も写真中心のフォトログとしてアップします。 セミナーの空気感を感じていただけたら嬉しいです。 「Webサイト

まだ、旅の途中。

水泳と自転車と旅での出会いの話。 ものごころついた時から、大学生まで水泳をしていた。 何かを長く続けることは人生経験としてよい。とか、一芸は身を助く。なんて言われながら。 水の中での浮遊感が好きなだけで20年続けられた。 (無呼吸でも少しの間は苦しくなかったし、フヨフヨと宙に浮く感覚が大好きだったのが一番の理由。) 今回はスポーツの意義とか